高額買取が期待できるお酒と金額【泡盛も意外と高く売れる!】

高額買取が期待できる日本酒

日本酒というのは、お米や麹などを原料として作られている醸造酒です。

蒸留していないので、アルコール度数があまり高くないのが特徴ですね。
そのため、劣化も早いという欠点を持っています。

製造年月日から半年~1年ほどしかおいしく飲めないため、買取対象としていない業者さんもあります。

古いものも買取不可になるので気をつけましょう。

もし下で触れる“買取金額が高い日本酒”が家にあるなら、早めに売っちゃった方がいいですよ。

買取金額が高い日本酒「十四代 純米大吟醸 龍泉」

画像引用元:https://samuraibuyer.jp/jp/item/detail.php?item_cd=kaze-sake:10000026

日本酒といえば、十四代ですね。
日本酒の銘柄の中でも、とりわけ高価なお酒です。特に高値で取引されているのが、「十四代 純米大吟醸 龍泉」。
下の方がドッシリとしたボトルに和紙のようなものが巻き付けられていて、そこに達筆で「龍泉」と書かれています。

この日本酒には、なんと20万~25万円ほどの買取価格がつくんです!

化粧箱なども付いていれば20万円超えは確実ですね。

高額買取が期待できるブランデー

ブランデーはフルーツを原料とした蒸留酒のこと。
ブドウが使われることが多いですけど、リンゴやチェリーが使われたブランデーもありますよ。

ブドウで作られたワインを蒸留して作られるのが基本の形。

だけどワインのようなフルーティーさや酸味などはほぼなくて、アルコール度数が40~50度くらいと高めなのも特徴ですね。

買取金額が高いブランデー「レミーマルタン ルイ13世」

画像引用元:https://u-rittaino.net/louis13/

ブランデーには超有名な“レミーマルタン”っていうブランドがあるんですけど、その中でも「ルイ13世」は別格!

「レミーマルタン ルイ13世」なら10万円前後の買取価格が付くのは当たり前。

家に眠らせておくのはもったいないですね。

特に高いのが「レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874」。
買取価格は約30万円
です!

もちろん状態などにもよるんですけど、ブランデーの中ではこれ以上ないくらい高く買い取ってもらえますよ。

高額買取が期待できるウイスキー

ウイスキーもブランデーと同じく蒸留酒の仲間です。
違うのは原料。

大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物で作られているのがウイスキーで、ブランデーのようにフルーツは使われていません。

高級品が多いのも魅力!
日本ブランドのウイスキーも高額買取対象になってます。

アルコール度数が高いから中身の劣化は少ないけど、タイミングが早ければ早いほど高く買い取ってもらえますよ。

買取金額が高いウイスキー「山崎」

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

高額買取してもらえるウイスキーと言ったら、サントリーの「山崎」でしょう。
他のウイスキーとは、ちょっと桁が違います。例えば・・・
「山崎 50年」は、買取価格がなんと300万円!
「山崎 35年」は200万円!

すごい金額ですよね。
でも実際に、これだけの価格で買い取ってもらうことができるんですよ。

「山崎」は他にも70万円とか80万円とか、ものすごく高い買取価格が付くので、家にウイスキーらしきものがある人はすぐにチェックしてみてください。

ずんぐりむっくりの瓶に手書きのような文字で“山崎”と書いてあったら、高額買取はほぼ確定的ですよ!

高額買取が期待できるワイン

ブドウを原料に作られる醸造酒がワインですね。
赤と白とロゼがあり、炭酸が入っているシャンパンやスパークリングワインも有名です。

他にもアルコール度数を高めた酒精強化ワインや、ハーブや果物などで味わいを加えたフレーバードワインなどもあります。

買取業者さんが高い金額で買い取ってくれるのは、主に赤や白やシャンパンですね。

買取金額が高いワイン「ロマネ・コンティ」

画像引用元:https://www.sake-kaitori.jp/menu/menulist/drc-rc-1990/

ワインの中で買取金額が抜群に高いのは、間違いなく「ロマネ・コンティ」。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社が作っている看板ワインで、フランスのブルゴーニュ地方で作られています。

どの年に作られたものでも、「ロマネ・コンティ」なら、普通に100万円以上の買取価格が付きますよ。

よほど状態が悪くなければ90万円以下になることはないですね。

自宅にワインがある方は、ラベルに「ROMANEE-CONTI」と書かれていないかチェック!

もし書かれてたら高額買取は決定的です!

沖縄のお酒「泡盛」も高額買取が期待できる

泡盛というのは、沖縄の、特に琉球諸島で作られているお酒です。

蒸留して作られるので、アルコール度数は30~40度と高め。

原料はお米で、これを黒麹で糖化させたり、発酵させて作られています。

3年以上熟成された泡盛は“古酒”と呼んでもOK。
意外と短いですよね。

10年以上や30年以上熟成されたものは、より価値が高くなる傾向があります。

買取金額が高い泡盛「かねやま」

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

山川酒造が造る「かねやま」は、泡盛の中でも特に高額買取が期待できる銘柄です。

“限定秘蔵酒”の「かねやま」でも、さらに40年ものや50年ものになると、10~20万円で買い取ってもらうことが可能です。

それ以下の熟成期間のものでも数万円くらいにはなるので、ひらがなで“かねやま”と書いてあったら、まずは買取業者さんに査定してもらってください。